包茎エトセトラ

包茎エトセトラ

MENU

割礼で衛生面を改善

包茎のデメリットで有名なのは皮膚疾患などの障害です。
ただ、真性包茎は別として、仮性包茎の場合はペニスを洗う頻度に大きく関係します。
亀頭炎を患う人は全体の数%に満たない少なさです。

 

日本でよく指摘されるセックスでのデメリットについても、実際は個人の考え方による部分が大きいです。
これも真性包茎は別として、仮性包茎の場合は本人の満足度が大きく関係しています。

 

例えば幼少期に割礼して包茎が少ないアメリカでは、逆に失われた包皮を回復する器具が販売されています。
亀頭が包皮に保護されていた方がセックスで敏感になれるという理由からです。

 

亀頭炎、包皮炎、尿道炎などは有名ですが、もっと大きな問題があります。
割礼を受けていない男性は受けた男性より大幅にHIV陽性率が高く、エイズ罹患率も高いというデータが近年明らかになりました。
割礼を受けた男性は性病の罹患率も低く、これらの原因は医学的に至ってシンプルです。

 

割礼の有無の違いはやはり衛生面です。
割礼で包皮を取り除く事によって、細菌やウィルスが溜まりづらくなるのです。
同じアフリカ地域でも割礼が行われているイスラム圏の国々と、行われていない国々ではエイズ罹患率に大幅な違いが出ています。