包茎エトセトラ

包茎エトセトラ

MENU

仮性手術は自己負担

包茎手術の費用は症状によって違います。
日本人は健康保険に加入しているので、包茎が病気と判断されれば3割負担で済みます。

 

真性包茎の場合、治療が必要な病気と診断されるので実質的な負担額は2〜3万です。
しかし仮性包茎の場合、病気ではなく手術は不要と診断されるので医療保険が適用されません。
約10〜20万払う必要があります。

 

包茎手術後の成果はただ1つ、手術を希望した本人が満足する事です。
仮性だと費用は自己負担ですが、本人が満足出来ればそれはそれでいいでしょう。

 

手術をすれば担当医も儲かります。
しかし冷静に考えると、高額な費用の自己負担に加えて後遺症のリスクも背負うので、あまり安易にやるべき手術ではありません。